祇園八坂ゲストハウスリノベーション|公募型木のまちづくり推進事業

 

 下地材から全て100%府産材を用いた、公募型木のまちづくり推進事業「京町家ゲストハウス総リノベーション」近況報告です。

 

 現在別棟は、仕上げ造作が完了し、先日照明が付き、大変良い感じになってます。来週はオスモクリアーで仕上げた後、設備設置を行い美装工事待ちになります。

母屋2F部分は、ベッド造作真っ最中です。丸太に框を仕込んでおり、連日ノミを研ぎつつ担当大工様が頑張ってくれております。こちらも先日一部ですが照明が付きました。母屋1階部分は、桧と天絞の階段がかかり、玄関化粧柱の設置も完了しました。残りの壁を立ち上げ、床仕上げへ移行します。

 

 この建物は、府産材を魅せる為、設計上大工造作を大変盛り込んでおりすが、補強補修工事に工期を費やし、残り工期も少なくなった為、最近は、連日19時まで大工皆様に頑張って頂いている状態です。

融通が利かない、妥協しない私の仕上げに対し、無理をして頂いている毎日に、心より感謝しております。

 

【お知らせ】

3月3日~見学実施予定が決まりました。 ※下記PDF参照

お申し込みは、当社ホームページからでも受付致します。

又、見学会参加者様へもれなくプレゼントさせて頂きます、府産材端材のまな板等は、全てこちらの現場端材で、合間に私が作製したものです。端材の為、数に限りがございますが宜しければ御利用下さい。

 

引き続き良い仕事で納める様励ませて頂きます。

ダウンロード
見学会広告_タクミ建設.pdf
PDFファイル 622.3 KB